あやつき

Lion Beta

2011-02-25 10:06:42

MacOSX 10.7のβ版というか、その前かな? デベロッパ版の配布が開始になった。

デベロッパ登録(現在、Mac Dev, iOS Devが有料)をしていれば、ダウンロードできるが、今回から方法が変更された。

まず、デベロッパサイトにアクセスし、Lionダウンロードページに行くと、64bit MacOSX 10.6.6で動作している確認がある。←というか、あったのを見落とし、32bit起動中に進めたら、インストールできなかったので、ふつーの人は32bit起動で使ってると思われるため、要注意!

次に、Mac App Storeで使う、コードが発行される。
これをコピって、App Storeを起動。右カラム部分、クイックリンク で“コードを使う”をクリック。
コード入力欄に先ほどのコードをペーストすると、Lionインストーラがダウンロードされる。

アプリケーションフォルダに、Mac OS X インストール.app が生成され、64bit起動していれば、そのままインストーラが走るのだと思うが、何かが原因で蹴られたら、慌てずにアプリケーションフォルダを探しに行こう。3.6GBで、バージョンが10.7.0 となっていたら、それがインストーラだ。

10.6.6にインストーラが入っている状態から、自動的に再起動され、インストールされる。
どーやってんのかなー? と思ったら、どうやら10.6.6へのリストアディスクを仮想化かBootCampと同様か、作成されているようだ。

内容については、全体にわたってNDA対象のハズなので、どこかで出た情報のみ、今後書いていく予定です。

Lion紹介ページにあるものは、大丈夫なのかもしれないが、デフォルトのデスクトップピクチャが、富士山である“らしい”ということにしておこう。

なお、振り分け表示などしている方のために、JavaScriptで取得できる、SafariでのuserAgentだけ、記載しておく。
Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_7; ja-jp) AppleWebKit/534.20.8 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Safari/534.20.8

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ