あやつき

iPadそのもののレビューになってない。

2010-04-06 09:17:06

iPad初体験レビュー:江島健太郎 / Kenn’s Clairvoyance - CNET Japan

>iTunesが古いから駄目だと言われ
って、アンタバカぁ? とアスカに言われそうな、しょーもないことだ。すぐ使えるために、3日も4日も前から、iTunesのアップデートがおこなわれているわけですよ。iTunesをアップデートしてからマシンを持って行かなかった、アンタが悪い。
Appleの下準備が、どれだけユーザ寄りでおこなわれているか、まったくわかってないようですね。

容量については、誰も画像や映像を、そんなに入れるためとは、思っていないでしょう。電子書籍が出てくる、ということは、1冊あたりの容量が、いままでのアプリより当然大きくなってくる、それを保存しつつ、動作させるために、当然フラッシュメモリ以外のスワップメモリ部分が必要になるのは、周知のことです。今回iPadに関しては、iWork for iPadも登場しました。Keynoteのファイルを作った事がありますか? PowerPointをKeynoteで変換したことがありますか? 数百MBの書類は、すぐに発生します。

あと、“クラウドを活かせていない”というのは、まだ、Appleがクラウドを使うところまで、ユーザがついてこないから、時期を見ているだけですよ。すでに、データセンターは、今年完成するでしょうから、来年以降にAppleクラウドが登場するわけです。むしろ、そこに向けた、下準備のためのiPadなのです。
Googleは、ハードを先行させて、それに合わせてソフトを後から作っていく、Appleは、ソフトとユーザの能力を引き上げてから、それを満足させるハードを確実に用意する、というまったく正反対の進め方をするので、比較のしようが無いと思います。

>App Storeの閉鎖性
は、現状では必要最大限、でしょう。現に、Androidは、オープンがゆえに、電話番号取り放題なアプリや、フィッシング特化したようなアプリが、平気な顔をして、あたかも別のアプリであるフリをして、ストアにアップされ続けているわけです。
そんな、いーかげんな物を、個人情報の固まりである電話機に、入れるつもりはありません。
ましてや、ネットPCタイプで、Androidを純正ソフトや素性のクリアなアプリを入れるぶんには、まだ良いですが、買ってアプリを入れる気にはなれません。
可能な限り多くのユーザが、確実に安全に利用出来るアプリを、責任を持って配信する、というのが、App Storeなのですから。
開発者レベルから見ると、制限が多いですが、もう少しユーザ側に立って、開発をしてもらいたい、というのが、Appleのメッセージではないでしょうか?

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]