あやつき

後発なのだから、当たり前だ。

2009-05-13 11:33:40

「Palm Pre」は「iPhone」キラーとなるか--マルチタスクと通知機能を比較:モバイルチャンネル - page4 - CNET Japan

この手の輩は、いつまでこのようなネガティブキャンペーンをするのだろう。

palmは、ジャン ルイ ガセー氏がBeから移籍したことでも周知の通り、おおもとになっているのは、AppleのNewtonなのだ。
そこから、今度はiPhoneOSをインスパイヤして、いわば“カイゼン”をおこなって、後発OSとして登場しているのだ。
これぐらい、屁でもないわっ、と出して来てもらわねば困るのだ。

マルチタスクにできるためには、アプリの作りを、少し考えないと、本当に電池がなくなるのだ。携帯電話で致命傷になる電池切れを、そこまでこだわっていた会社・キャリアがApple以外にあったか? ということだ。

マルチタスクにしておける条件は、通信回線を定期的にチェックしない、ということだ。iPhone3.0以降は、これがクリアできるソフトに限り、マルチタスクを許可する可能性が、非常に高い。
なぜなら、現在はメモリリークという形でしか表面化していないが、ホームボタンで戻った時、ソフトは完全に終了はしていないのだ。
最終状態の維持は、電源をオフにしたり、同期作業をおこなったりしない限り、確実にキャッシュされている。
あとは、このキャッシュを、通常の画面フリックと同じように、アプリ切替フリック、を搭載すれば、今すぐにでも可能となるだろう。
しかし、前述した、通信回線を定期的に見に行く、というソフトが、どうしても多いことがネックになっている。
メールしかり、twitterしかり、Skypeしかり、だ。

そこに対して、プッシュアラートが搭載されるのだ。
iPhone3Gの開始時に、プッシュ機能が搭載できていれば、それにこしたことは無かった、のだが、iPhoneは、そもそも、相当な機能を盛り込んでいるが、それを公開してない物が多い。
iPhoneOS3.0で増えると言われている1000のAPIは、OSのアップデートという物だけでなく、いままでハード的に存在しているものを、ソフト側へ公開する、というものが多く含まれている。
そうでなければ、現在販売されているiPod touchが、iPhoneOS2.2.1の現在は、Bluetoothが使えないのに、iPhoneOS3.0になるだけで、使えるようになるのは、すでにハードが載っていることに他ならない。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]