あやつき

そんなこんなで、ACHDS受験。

2009-04-03 18:12:01

これまた、英語と日本語の橋渡しが上手くできていないApple IDを使っているもので、ちーとばかし不安はあるのだが。

Apple認定ヘルプデスクスペシャリスト = Apple Certified Help Desk Secialist = ACHDS
を取得のため、受験してきました。
まー、Tiger出て4年も経って、今更かぃってこともあるんですが、会社で使うのは10.4の方が多いわけで。

で、結果は。。。

正答率84%までしかいきませんでしたが、合格しましたっ!

ちなみに、問題数だけですが内訳は
セクションタイトル            問題数 正解数
 インストール               5   4
 ユーザアカウント             7   5
 ファイルシステム             7   6
 パーミッション              5   5
 アプリケーション環境           4   4
 コマンドラインインターフェイス      8   7
 ネットワーク設定とトラブルシューティング 8   7
 ネットワークサービスへの接続       13   9
 ネットワークサービスの提供        7   6
 周辺機器                 2   2
 プリント                 4   4
 スタートアップシーケンス         1   1
 トラブルシューティング          3   2
以上、計                  74   62

で、83.378%で、84%。最低ライン62%をクリアしての合格でした。
やっぱり、ほとんど使う事が無いKerberosとかのことは、問題集で見てても、覚えてませんね。逆の問われ方をした時に、記憶から出て来ない。

でもまぁ、これで、名刺に認定者ロゴが載せられるっ。
いやー、会社がPマーク取る前でよかったw
Pマーク取ったら、名刺が更新されるハズだから、その時に一緒に載せてもらおっ。

個人名刺は、ロゴがダウンロードできるようになったら、いつでも作れるのだろーが…、こないだ無料キャンペーンのやつで、作ったとこなんだな。。。
ま、あれは、音楽系だったので、Mac系でお仕事名刺作るかー。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ