菊池高志

bondingの動作モードをリブートしないで反映する方法

2008-08-29 20:43:32

目的は冗長化だったり負荷分散だったりしますが、Linuxのbondingを使って複数NICをTeemingするのも一般的になってきたと思います。

設定方法自体はちょっと検索すれば出てくるんですが、既に構成されているbond0の設定を変更した場合(具体的には/etc/modprobe.confでbond0のmodeをRoundRobinからActive-Backupに変更した場合など)にリブートせず設定を反映する方法がわからなくてちょっとハマったので忘れないように書いておきますw

# /sbin/ifconfig bond0 down
# rmmod bonding
# modprobe bond0
# /sbin/ifconfig bond0 up

これでオーケー。設定反映した後は

# cat /proc/net/bonding/bond0

で、確認するのをお忘れなく。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]