CNETは会議の議事録でもTracを利用?

2008-04-23 16:07:29

 こんにちは、builder中の人いがです。

 先般ちょうど、はてなブックマークでITProさんのTracに関する記事が話題になっていましたね。私も「ほっ、ほっー」と読ませていただいたのですが、せっかくですのでCNETでのTracの使われ方を現場の事例ということで、ご紹介します

builderでは企画・仕様・管理まで全てtracを利用しています

 CNET日本の社内では、全ての企画に編集・営業・開発が関わって進めることになります。そのとき共通のドキュメント基盤をどうするかという問題があります。

 社内でも以前はPPTベースで企画書、その他Excelで各ページの詳細仕様を作るということが多かったのですが、builderでは可能な限り社内資料をTracに集約しています。

企画段階のTracの使い方

 まず、企画段階のビジネスプランや媒体の設計もまずはTracのWikiから始めます。昔は、PPTや、共有のsambaなどにテキストデータをおくこともありましたが、まずはTracに方向性をまとめて、議論を進めるようになりました。社内向けの資料ですから、きれいさよりも実用性が優先されますので、wikiベースで管理することでスピード感や、中身の精査に時間をかけることが可能になりました。

 しかも、最近は企画書的なものも、表紙だけは社内共通ルールのシートを使いますが、その中身についてはTracの印字したものをそのまま出すことが多くなりました。

 そして、どうしても画面でのプレゼンの必要性がでたときだけ、TracをPowerpointにコピーします。本当は、W3C配布のHTML SlidyのようにTracをそのまま、プレゼン資料に使えたらありがたいのですが…。そんなツールはまだないですよね…。

工程管理もTracで

 昔は、Excelで開発スケジュールチャートみたいのを作っていた時期もあったのですが、今はそういった細かいものはやめています。

 ただ、その代わり告知のプランだとか、プレスリリースを打つタイミング、そしてローンチのタイミングなどについては細かい予定をWikiでまとめるようにしています。開発者は、そこにまとめた大きなマイルストーンの日付までに、Wikiにまとめた仕様にあわせて機能を開発するという形です。細かい個人レベルのスケジュール管理は、個人にゆだねています。

 ただ、開発しながら出てきた細かい「あれをやっておいてください」的な備忘録的なものは、すぐに忘れてしまうのでTracのチケットを利用しています。いわゆる付箋感覚の備忘録ですね。

 また、CNETでは大きなサービスを公開する前には、可能な限り全社でサービスのプレビューをしてもらうのですが、その際見つけた不具合は直接社員のみなさんにTracにチケットを追記してもらうようにしています。バグ管理の標準的な姿ですが、やはりメールやExcelで受け付けていた頃と比較すると段違いに管理が楽ですね。

 ただ、こういったバグ管理システムになれていない人が触ってくるようなときに重要なのが、可能な限り日本語化しておくということと、それぞれステータスの意味を明確になるおき、その運用ルールを明示するということです。Tracだけではなく、Bugzillaでも勘所は同じだと思いますが、ツールを生かすも殺すも運用次第です。

でもSubversionは使ってません

 とはいえ、Tracのsubversionとかは使っていなくて、ワールドワイドで作った社内独自のCMSに、バージョン管理機能があるので、そちらを利用している状態です(貧弱ですが)。

 Tracとはいえ、全ての機能を利用するのは難しいもの。CNETでも最初は、Wikiしか使っていませんでした。

CNETの会議でもTracを利用

 それと、少し脱線しますが、社内で多分変わっているのかなぁと思うのは、社内のいわゆる定例会議のアジェンダ・議事録もwikiベースで運用していることですね。

 報告事項を記録として残しつつ、その日ごとの議案を進めたいというのが会議のスタイルになりますので、各参加者が、会議の前までに報告事項をwikiに記入しておき、書記さんは、その日の議事で決定したことだけを書けばいいという感じです。CNET社内では、なかなかルールを運用するのが苦手な会社なのですが、意外とこの手法は長く続いています。とはいえ、全社でwikiとなると、やはり営業さんや、総務経理部の方はちょっと苦手なようです。

みなさんの会社で、Tracはどのように使われていますか?

 というわけで、CNET日本のTracの利用方法はこんな感じです。大分はしょって書きましたが、ここをkwskとかありましたらコメントをしていただければ幸いです。

 さて、今回はCNETのTracの使い方の紹介でしたが、皆さんの会社ではTracやこういったツールをどのように利用されていますか? もっと、エレガントな利用方法があると思いますので、builderブログなどを通じて、ぜひノウハウを共有していきましょう。

※このエントリは ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet Japan編集部の見解・意向を示すものではありません。
  • 3件のコメント
#1 きむこう   2008-04-29 21:53:15
 開発用にSubversionと連携して使っています。
1レポジトリに1Tracしか連携できないのが面倒です。

 議事録と覚え書きに使用しています。

不便に感じるところ)
* 誰でも編集できるのでページの編集ロックとか出来ない
* チョコチョコ編集していると編集履歴が膨大になる<チェンジセットの履歴も入れると膨大
* Tracのプラグインがたくさんあるようですが、使い方が今一分かりません
* 解説ページとか少ない気が・・・。
#2 きむこう   2008-05-15 23:36:30
 一応編集ロックらしき方法が分かったので記述しておきます<自己レスです

1. 他者に編集させたくない場合、コレを削除
trac-admin <<TRACフルパス>> permission remove anonymous WIKI_CREATE
trac-admin <<TRACフルパス>> permission remove anonymous WIKI_MODIFY

2. 削除後に権限を確認
trac-admin <<TRACフルパス>> permission list

3. 許可ユーザーは、TRAC_ADMIN権限で登録を行う
trac-admin <<TRACフルパス>> permission add [[追加ユーザ]] TRAC_ADMIN

4. 追加後に権限を確認
trac-admin <<TRACフルパス>> permission list
#3 いが   2008-05-16 16:05:16
きむこうさん、すみません~コメントいただいたのに気づきませんでした。ありがとうございます(これは弊紙の要改善点ということで…)。

そうですね、ご指摘いただいたようなところが結構不便ですよね。
弊社ではPluginはとりあえず下記を入れています。基本的オペレーションがコマンドラインでなく、ブラウザで操作できるので便利ですね。

http://trac.edgewall.org/wiki/WebAdmin

管理者権限があれば、編集時に「Page is read-only」にチェック入れて保存をすれば一応ロックが出来ますが、細かくやるとご指摘いただいたとおり、結局細かく権限を設定したりしなければならないところが、しょうがないとわかりつつも手間のかかるところですね。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ