Windows XPからWindows 7への移行作業で注意すること

海上忍
2009-10-02 14:42:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 前回「Windows転送ツールが転送しようとするファイルを調べてみた」では、Windows XPで動くOutlook ExpressのデータをWindows 7へ移行するときには注意が必要である旨お知らせした。今回は、その理由について説明したい。

 まず、Windows VistaからWindows 7へ移行する場合とは異なり、Windows XPから7への移行は必ず「新規インストール」を伴う。前者の場合、エディションやプラットフォーム(32/64bit)を変更しないかぎり、ファイルや設定を保持したままのアップグレードインストールを選択できるが、後者ではWindows転送ツールを使い移行作業を行うことになる。

 しかし、Windows転送ツールでは、XP上のOutlook Expressに蓄えられたメール関連データを、Windows Live形式に変換する常設の機能が用意されていない。機能自体はあるものの移行用として一時的に変換されるに過ぎず、しかもWindows Liveの初回起動時しか実行されないため、任意のタイミングでは実行できないのだ。

 Windows転送ツール使用後にWindows Liveを起動すれば、この問題は回避できるが、Windows Liveがプリインストールされている場合は少々危険だ。もし転送ツールを使う前に、Windows Liveを起動したら……レジストリデータを含めWindows Liveを完全にアンインストールすれば済む問題かもしれないが、余分な手間がかかることに変わりはない。

 Windows XPマシンでOutlook Expressを使い続けているユーザは相当数いると考えられることから、Microsoftにはなんらかの形で対処策を講じてほしいところだ。