第3回:WindowsマシンにSolarisをインストール、Vistaは……--Solaris 10で行こう!

福田昌弘
2006-11-30 22:35:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 これまでの連載を読み、手持ちのマシンにSolaris 10をインストールしてみようかと思った読者がひとりでもいてくれれば、筆者個人としてはとてもうれしい。また、興味はあるが、余分なマシンがないためSolaris 10のインストールをためらっている読者もいるだろう。

 今回は、そんなあと一歩が踏み出せずにいる読者のために、現在使用中のWindowsマシンにSolaris 10を追加してデュアルブートする方法を示そう。

まずマシンの互換性を確認

 使用中のWindowsマシンにSolaris 10をインストールするときには、まず最初にそのマシンがSolaris 10のシステム要件を満たしていることを確認する。x64/x86版のSolaris 10では、次の環境がインストール対象として推奨されている。

  • メモリ:512MB以上
  • プロセッサ:500MHz以上
  • ハードディスク空き容量:10GB以上

 また、Solaris 10に限らずLinuxなどの新たなオペレーティングシステムをインストールするときには、必ずビデオボードやネットワークボードなどの各種デバイスの互換性も確認しておくべきだ。

 サン・マイクロシステムズでは、各種デバイスとSolaris 10の互換性をチェックするためのツールをウェブサイト上で提供している。このチェックツールをダウンロードしてCD-Rなどに書き込むことで、デバイスの互換性を容易に確認できる。

 実際にチェックツールを書き込んだCD-Rでマシンを再起動すると、次のような結果を得ることができる。この結果で右端の2列、“Solaris Driver:”の“32BIT”か“64BIT”の欄が“Y”であれば、そのデバイスはSolaris 10でも動作する。

デバイス互換性チェックの結果 デバイス互換性チェックの結果。

専用パーティションを用意

 マシンのスペックやデバイスの互換性を確認したら、次はSolaris 10のインストール先を決める。StarSuite 7での個人データやブラウザでのダウンロードデータなどはブートディスク以外の場所に収めることもできるが、Solaris 10の基本ソフトウェアやスワップ領域はブートディスクに収める必要がある。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ