第1回:まずはSolaris 10をインストール!--Solaris 10で行こう!

福田昌弘
2006-11-16 17:48:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 サン・マイクロシステムズが提供するオペレーティングシステム「Solaris 10」に、どんなイメージを持っているだろうか?

 筆者個人は、堅牢だが、いろいろと小難しそうでコストもかかりそうなので、ちょっと手を出しづらいUNIX系OSだと思っていた。ところが、今回いろいろ調べてみると、Solaris 10は無償で安易に試せるOSらしい。そこで、これから数回にわたってSolaris 10を気楽に使っていくことにした。

 と、いうことで、まずはSolaris 10をインストールしてみる。

自分に合った方法でメディアを入手

 Solaris 10のインストールメディアは、複数の方法で入手できる。ひとつは、サンのダウンロードサイト。もうひとつは、市販されている「Solaris 10 DVD-ROM Media Kit」(価格4500円)を購入する方法。そして、市販の雑誌や書籍に添付されているものを利用する方法である。

 サンのダウンロードサイトからの入手では、金銭の支払いはいっさい生じないが、ダウンロードサイズが大きいため少しばかりの時間と手間がかかる。市販の「Solaris 10 DVD-ROM Media Kit」は、ちょっと高い気もするが、SPARC版とx64/x86版のインストールメディアを同時に入手できる。

 雑誌や書籍に添付されているインストールメディアは、DVD-ROM Media Kitよりも安価かもしれないが、x64/x86版しか手に入らないケースがほとんどである。

 いずれかの方法でメディアを入手したら、早速インストールを開始する。Solaris 10のインストール作業は、GUI(Graphical User Interface)かCUI(Character-based User Interface)の対話形式で行える。ここでは、直観的でわかりやすいGUIによってインストール作業を行うことにする。

 まずは、インストールメディアを使ってマシンを起動する。マシンを起動すると、次のブート画面が表示される。ここでは、デフォルトのままリターンキーを押して“Solaris”を選択する。

Solaris 10導入(その1) ブート画面で“Solaris”を選択。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ