独立行政法人情報通信研究機構

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(1) プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(11)

NICT、サイバー攻撃統合分析システム「NIRVANA改」開発--リアルタイムに警告

情報通信研究機構(NICT)は、組織内ネットワークで通信状況とサイバー攻撃の警告を統合的に視覚で分析できるシステム「NIRVANA改」を開発した。6月12~14日に展示会「Interop Tokyo 2013」でデモを見ることができる。 2013-06-10 15:10:00

Interop Tokyo 2012:SDN、OpenFlowに注目集まる

ネットワーク関連技術のイベント「Interop Tokyo 2012」の展示会場をレポート。 2012-06-15 14:44:00

NECら、ネット上の情報を分析、整理し信頼性判断を支援する新技術を開発

NECは1月31日、東北大学、奈良先端科学技術大学院大学、横浜国立大学とともに、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)情報信頼性プロジェクトの協力を得て、インターネット情報の信頼性の判断を支援する技術を共同開発したと発表した。 2011-01-31 19:49:23

業界10社、IPv6利用におけるセキュリティ上の課題を検証する協議会を設立

業界10社および団体は7月28日、移行が進む「IPv6」におけるセキュリティ上の課題について検証を行うための「IPv6技術検証協議会」を設立した。 2010-07-28 20:40:06

NICT、攻撃パターンからマルウェアをリアルタイムに特定する技術--世界初

NICTは、ネット上で発生している攻撃を観測し、その攻撃パターンからマルウェアを特定する「マクロ-ミクロ相関分析システム」を開発、攻撃の検知から原因特定をリアルタイムに行うことに成功した。 2010-06-02 17:37:00

NECとNICT、ハードウェア処理で高速化した量子暗号鍵抽出システムを開発

NECと独立行政法人情報通信研究機構は、暗号通信技術である量子暗号技術において、従来課題となっていた暗号鍵抽出の高速化をハードウェア処理により実現したシステムを開発した。 2010-04-16 15:21:06

NICTなど、多言語コラボレーション支援ツールをOSSとして公開

情報通信研究機構(NICT)は、多言語コラボレーション支援ツール「言語グリッドツールボックス」をオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。 2010-01-15 12:22:01

NECなど、サイバー攻撃源の逆探知システムを開発

NECらは、複数のISPの管理するネットワークを超えて不正アクセスの発信源を追跡し、逆探知できる技術を開発した。サイバー攻撃への抑止効果があるという。 2009-11-27 12:14:01

IPAなど、国際量子暗号会議(UQC2007)を開催

IPAは、NICT、AISTとの共催で「国際量子暗号会議(UQC2007)」を開催する。量子暗号技術の現状や将来展望の紹介だけでなく、健全な発展に必要な合意形成や問題点の共有に向け、自由な立場で議論を行う。 2007-09-20 19:47:02

NICT、セキュリティインシデント対策技術をInteropで公開

NICTは、ネットワーク攻撃のリアルタイム分析・可視化技術や不正プログラムの自動解析などを可能にした最先端の研究成果をもとにした、セキュリティインシデント対策技術「nicter」をInterop Tokyo 2007で公開する。 2007-06-07 19:11:01

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ