株式会社ディアイティ

ディアイティが目指すのは、「安全・安心な高度情報通信ネットワーク社会」です。 ディアイティはその実現のために、技術・製品・サービスを提供するばかりでなく、情報セキュリティと安定した情報ネットワークを、社会インフラとして確立するためのあらゆる活動を行っています。 【新たなステージを迎えるIT社会次世代のネットワークインフラ・セキュリティを効率的なIT投資で実現】 ディアイティは、次世代通信技術の研究・開発分野で培われた技術・知識を、製品・システム構築・サービスに活かし、単なる製品の提供、システム構築に留まらず、iDCからセキュリティインシデント対応まで、一貫したネットワークインフラ・セキュリティサービスを提供します。 IT・セキュリティ投資の増大が企業経営を圧迫する中、企業変化に対応できる柔軟性、拡張性を有した、企業コンプライアンスを遂行する統合管理を実現できるソリューションを提案し、構築・運用をしています。また、コンピュータネットワークに業務・設計・開発等を依存している現状において、事業継続の観点からネットワーク管理の重要性を認識し、管理維持のためのソリューションを同時に提供しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(7) プレスリリース(15) トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(7)

情報漏えい対策の現実解、実証中の新手法とは--ZDNet Japanセミナー

7月13日、朝日インタラクティブは「ZDNet Japan × TechRepublic Japan 情報漏えい対策セミナー」を開催した。ディアイティ クラウドセキュリティ研究所 所長の河野省二氏の基調講演の模様をお伝えする。 2016-08-16 07:30:00

相澤病院、看護システムを802.11n化--電波干渉防止と業務改善を両立

DITは10月20日、米Meru Networksの無線LAN製品を利用して慈泉会相澤病院の「病棟看護システム」を構築したことを発表した。病室で端末を利用できるようになったことから、業務効率が大幅に向上したという。 2010-10-20 19:11:16

大企業は中小企業に情報を守る責任を押し付けていないか?--DIT 下村社長

大企業や中堅企業は、取引先の中小企業にも自社と同じようにセキュリティへ取り組むことを求める。中小企業のセキュリティ対策の実情、選択すべき対策や考え方について、DITの下村正洋社長に聞いた。 2009-10-02 23:08:01

ディアイティ、ファイアウォールアプライアンスの新製品「Sidewinder7.0」を発売

ディアイティは、ファイアウォールアプライアンス「CyberGuardファイアウォール」の後継機種「Sidewinder7.0」を8月10日より発売する。サイトの信頼度と評判を提供する格付け技術を組み込み可能な業界初の製品となる。 2007-08-08 20:08:01

dit、Vistaとインテルの最新「Centrino」に対応したLAN分析ソフト

ディアイティは、Windows Vistaとインテルの無線LANチップに対応したLAN分析ソフト「OmniPeekシリーズ」の新バージョン 「OmniPeek v4.1」を発表した。2月13日から出荷開始する。税別価格は21万8000円から。OSはXP、2000でも利用可能。 2007-02-09 12:42:01

dit、ISA Server搭載のCelestix社製アプライアンスサーバー新モデルを発売

ディアイティ(dit)は、マイクロソフトの「Internet Security and Acceleration(ISA)Server」を搭載したシンガポールのCelestix Networks社製アプライアンスサーバー「MSAシリーズ」の新機種4シリーズを12月1日に発売する。 2006-11-17 10:43:01

dit、無線LANの監視に最適な通信解析専用機器、不正アクセスも感知

ディアイティは、米WildPackets社が開発した、無線LANの監視に最適な通信解析専用機器「Omniワイヤレスセンサ」を3月15日に発売する 2006-03-13 11:22:03

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ