ブロケードコミュニケーションズシステムズ株式会社

企業が保有するあらゆる「データ」に対し、優れた接続性と可用性を備えたデータアクセス環境を構築するためソリューションを提供するリーディング・カンパニーです。ストレージ・エリア・ネットワーキング(SAN)の分野では、圧倒的な市場シェアを獲得し、1995年の設立以来、世界中で1,000万ポート以上もの出荷実績を誇り、その品質と信頼性は、世界の主要ストレージベンダー様にOEMとしてご採用いただいていることからも証明されています。SANの分野で培った経験と実績をベースに、ファイルデータを効率的に管理するためのソリューションの提供も開始。包括的なプロフェッショナル・サービスと共に、企業の最も重要な資産である「データ」の最適な管理と活用のための環境構築を支援しています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(2) イベント情報(9) プレスリリース(0)   トピックス(0)   製品(0)  
  • この企業・団体の記事(51)

ブロケード、第6世代ファイバチャネルダイレクタを発表--総帯域16Tbps

ブロケードは、第6世代ファイバチャネルダイレクタ「Brocade X6ダイレクタ・ファミリ」を発表した。384個の32Gbpsのラインレートポートと、最大32個の128GbpsのUltraScale ICLの接続ポートを備え、16Tbpsの総帯域を提供する。 2016-07-27 15:54:00

イーサネットファブリック構成--エキサイト、新サービス基盤にOpenStack採用

エキサイトは、新サービス基盤にOSSのIaaS基盤構築管理ソフトウェア「OpenStack」を採用。ネットワークとしてイーサネットファブリックを構築した。 2016-03-02 16:12:00

ブロケード、モバイル網市場に参入--MNO/MVNO向けにNFVなどを展開

ブロケードはモバイルネットワーク市場に参入することを明らかにした。MNOとMVNO向けに取り組みを進め、ネットワーク仮想化関連製品の提供を強化していく。 2016-01-25 15:17:00

40Gbpsを確認--レッドハットやブロケード、クラウド型NFVを共同検証

レッドハットやブロケードなど4社は、IaaS環境構築管理ソフト「OpenStack」を使用した、クラウド型のネットワーク機能仮想化(NFV)システムを共同で検証。計40Gbpsの通信性能を達成したという。 2015-10-21 08:00:00

“ホワイトボックス”の仮想ネットワークが次世代の中心:ブロケードCEO

ブロケードCEOのロイド・カーニー氏は次世代ネットワークを支えるプラットフォームとして、x86サーバとOSSを軸としたアーキテクチャを推進することを強調。次世代ネットワークを“The New IP”時代という言葉で表現し、特徴やメリットを訴えた。 2014-12-09 16:34:00

ヤフー、全社共通のHadoop基盤を構築--ノードは数千以上、国内最大級

ヤフーは、全社で共通に使える、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」基盤を新たに構築した。数千ノード以上で構成され、国内最大級とみられる。基盤ネットワークとしてイーサネットファブリック型のアーキテクチャを採用している。 2014-04-04 13:42:00

SDNとNFVは補完関係--ブロケード、仮想ルータソフトの販売を本格化

ブロケード コミュニケーションズ システムズは、仮想ルータソフトウェア「Brocade Vyatta vRouter」について新たにCTCとネットワールドとディストリビュータ契約を結んだ。国内販売を本格化させる。 2014-03-20 17:27:00

ブロケード、「VMware NSX」対応VXLANゲートウェイなど新技術を発表

ブロケードは、ネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」に対応したVXLANゲートウェイ「Brocade VCS Gateway for VMware NSX」など、同社が提唱する“オンデマンドデータセンター”を推進するための新技術やハードウェア新製品を発表した。 2013-10-07 14:07:00

次世代ネットワークの中核はイーサネットファブリック--米ブロケードCEO語る

米ブロケードCEOのLloyd Carney氏は、サーバやストレージなどは処理性能が飛躍的に増進しているが、ネットワークはあまり進化していないことを強調した。 2013-07-16 15:36:00

ブロケード、オンデマンドデータセンター構想発表--OpenStackへの対応も強化

ブロケードは「オンデマンドデータセンター」構想を発表した。物理と仮想の両ネットワークを組み合わせ、ネットワークの簡素化と自動化、ネットワークの利用効率と性能を向上させることを目指す。 2013-05-23 13:05:00

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ