株式会社富士通ビー・エス・シー

富士通ビー・エス・シーは1963年設立。以来、約半世紀にわたりシステムインテグレーターとして歩み続け、各種ビジネスアプリケーションやエンベデッド(組込み)システムを開発してまいりました。 事業の中心であるアプリケーションシステムの開発では、大規模社会システムや民間・官公庁の業務システムなど、社会のさまざまなフィールドでシステムを提供。あわせて開発技術の標準化やフレームワーク「Topjax Solution」の適用による開発の効率化と製品の品質向上にも努めています。エンベデッドシステムの分野では、スマートフォンや情報家電などを制御するソフトウェア開発の提供だけではなく、製品の仕様策定から評価検証までトータルなサポートを行っています。 一方、システム開発によって蓄積されたノウハウと経験を活かし、ユニークなパッケージやソリューション製品を開発しています。企業活動のさまざまな場面で情報を守る「FENCE」シリーズ。メモリ上にデータを展開して高速処理を実現する、新しい発想と技術によるオンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」。富士通の購買システムから生まれたリファレンスモデルを製品化した高速情報活用システム「JETBI」。高機能・高品質なスマートフォン活用システムの構築を統合的にサポートする「MobileUnity」。どれもビジネスを大きく前進させるツールとして好評を博しています。さらにはクラウドコンピューティング時代に対応し、売れ筋パッケージのクラウド化にも取り組んでいます。 また、中国におけるビジネスの重要性に着目し、いち早く子会社を設立。北京、上海、大連の拠点をグローバルビジネスの足がかりとしています。【ZDNet Japan企業情報センターより】

掲載情報:   ホワイトペーパー(0)   イベント情報(0)   プレスリリース(11) トピックス(0)   製品(6)
  • この企業・団体の記事(6)

富士通BSC、スマートフォン向けセキュリティ管理サービスをクラウドで提供

富士通ビー・エス・シーは、クラウドによる「スマートフォン向けセキュリティ管理サービス」を2011年4月より提供すると発表した。 2010-11-26 15:15:20

富士通BSC、建設業向けERP「CAP21」のクラウドサービスを提供

富士通BSCは、同社が開発、販売する建設業向けERP「CAP21」をSaaS型クラウドサービスとして10月より提供開始すると発表した。 2010-07-16 18:05:05

富士通グループ、KFC向けに販売情報分析システムを構築--オンメモリDBで分析時間を約5分に短縮

富士通グループは、日本ケンタッキー・フライド・チキンのケンタッキーフライドチキン事業向けに「新販売情報分析システム」を構築し、本稼働を開始したと発表した。 2010-01-15 20:17:01

オンメモリDB「Oh-Pa 1/3」を活用したデータ分析高速化ソリューション--富士通BSC

富士通BSCは、オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」を活用して、富士通のBIソフト「Interstage Navigator Server」が行うデータ分析の高速化を支援する「Oh-Pa 1/3 High-Speed OLAPソリューション」の販売を9月下旬から開始する。 2006-09-21 20:05:01

サークルKサンクス、情報系システムをPRIMEQUESTで再構築--オンメモリデータベースを採用

サークルKサンクスは、売上データを収集、分析するためのデータウェアハウスを、富士通のIAサーバ「PRIMEQUEST」で再構築した。再構築ではデータ処理の高速化が目的であったために、オンメモリデータベースを採用している。 2006-09-12 09:41:01

富士通BSC、オンメモリデータベース時代到来か? パッケージ製品10月発売

富士通ビー・エス・シーは、ターボデータラボラトリーが持つオンメモリデータ処理に関する特許技術を用いて、オンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3」を開発。 2005-08-01 10:57:59

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ